[CITIZEN CALCULATOR]

【CITIZEN CALCULATOR】[OLD!]

発売年1976定価???モジュール9090
機能秒表示アラーム--
曜日表示-SW-ライト○上左
年設定-DT-ボタン数23
特徴関数電卓バージョン(ボタン41個!)もあります。

シチズンから1976年に発売された CITIZEN CALCULATOR です。
文字盤の周囲に計算機機能の各ボタンが配置されており、一目で本モデルが計算機機能を持っていることが分かります。
シチズンが液晶デジタル腕時計を始めて発売したのが1974年の Liquid Crystal ですので、わずか2年の間にものすごいスピードで技術革新が進んでいたことが分かります。

[CITIZEN CALCULATOR]
時計は上部液晶に表示
下部液晶は計算機用
[CITIZEN CALCULATOR]
情報量の多い裏蓋
1976年12月製造

昔のシチズンは型番等が非常にわかりにくいのが特徴で、本モデルの場合は、
 ・機種番号(モジュール): 9090
 ・商品管理番号(カタログ): LC-909
 ・モデル番号(型番): 59-2021
 ・側番号(裏蓋に記載): 4-095928
 ・製造番号(シリアル): 6120xxxx
のようです。
製造番号の上3ケタは「西暦の下一桁」+「月」を表しています。(1976年12月製造)
また機種番号(モジュール番号)は裏蓋に記載されておらず、内部のモジュール自体にしか記載されていません。
また、機種番号と似ていますが、カタログに記載される商品管理番号があります。これも裏蓋には記載されません。
ややこしすぎて何が何だか訳が分かりません。。。
なお、1981年9月以降に新たに発売されたモデルは、上記の機種番号、モデル番号と側番号が統一され、側番号の最初の4桁が機種番号を表しています。

また裏蓋に記載の「GN-4W-U」は型番などではなく、外装の「構造記号」で、風防・ベゼルとボディの固定方法などを示しています。
GN-4W から始まる本モデルは、風防はベゼルに圧入で、ベゼルはボディに圧入で固定されています。
構造記号について、詳しくはまたの機会に...

[CITIZEN CALCULATOR]
時刻表示より少し小さい
文字で8ケタ表示
[CITIZEN CALCULATOR]
円周率を表示
特に意味はありません

10時方向の「ON」ボタンを押すことで下部液晶(計算機画面)のスイッチが入ります。
計算機モードの間は「ON」ボタンは押し込まれたままの状態となっており、「OFF」ボタンを押すと元に戻ります。
また、上部(12時方向)に「ライト(豆球)」「ADJUST(S)」「日付表示切り替え(R)」の各ボタンが並んでいます。
ちなみにライト(豆球)は時刻表示の側についていますので、暗い場所での計算は無理です。

なお、本モデルと同様のデザインで周囲のボタンが28個のモデル(M+/M-ボタンなどメモリ機能を搭載)、41個のモデル(三角関数、対数など関数電卓機能を搭載)もあります。
ボタン21個モデルも41個モデルもボディの大きさ自体は変わらないので、指先でボタンを押すのは21個モデルが限界で、41個モデルでは多分無理です。(持っていないので試してみたことはありませんが)
そのため、実際には爪楊枝の先のようなものでボタンを押す必要があり、各ボタンの上部はそのことを意識して少しくぼんだ形になっています。

先日、ボタン28個モデルも入手したのですが、残念ながら不動でした。
40年以上前、かつ非常に特殊なデジタル腕時計なので仕方ないですね。

[CITIZEN CALCULATOR]
ボタン28個モデル
残念ながら不動
機種番号:9130
商品管理番号:LC-913
モデル番号:49-9315
側番号:4-196673
[CITIZEN CALCULATOR]
これだけボタンがあるのに
時刻合わせに使うのは
ボタン2つのみ
「デジタル時計操作早わかり」より



[sanyowatch]Author: sanyowatch

1970年代〜1980年代を中心とした古いデジタル腕時計を蒐集しております。
少しずつ紹介していきます。
I like vintage digital watch.
I also like junk old digital watch.

先月のアクセス数トップ3
新着・内容アップデート
ランダムリンク(メーカー別)
 スポンサードリンク